対決の話し合い

DY002_L
態度の点検と調整

夫自身が自分の態度を変えたいと思うように仕向けるにはどのようにしたらよいのか。気にさわる夫の言動に対してどのように反応するのがよいのか。
状況を悪化させないためにその場を去るにはどうしたらよいのか。このような悩みを解決する最善のアドバイスを述べましょう。
夫に変わってもらうためのベストな手助けのアプローチは、まず、あなた自身の態度を点検し、調整することです。
夫と対決する話し合いを成功させるのに、なにも相手を怒らせるような刺激を与える必要はないのです。むしろ、ソフトなアプローチの方が効果があります。
要するに、相手があなたの言いたいことに耳を傾け、それに刺激され、これまでと変わった言動をし始めるように情報を相手に提示すればよいのです。

基本的ルール
対決の話し合いをする場合に、次に示すようないくつかの基本的ルールに従うことが大切です。
(一)、必ず、特定な状況に焦点を合わせる。一般論としての議論は避ける。具体的な例を述べる。
(二)、険悪な状況よりも、やや対応し易い状況を話題とするほうが望ましい。たとえば、ベッドの中での夫の無神経な仕草を攻撃するなどといったことは避けるべきです。
そのような状況を対決の対象として取り上げても、おそらく、状況を悪化させてしまうでしょう。
家事の手伝いに無関心であるといった状況などの方が、夫のポジティブな反応を招きやすいと思います。
(三)、議論の最中に対決するなどということは絶対に避けた方がよい。議論がおさまった後の方がよい。
(四)、愛情による対決には一貫性が必要である。対決の話し合いの効果が表れるには、数週間から、半年ぐらいかかるのが普通なので、途中で諦めずに、
やり始めたことをやり抜くことが必要である。もちろん、途中で、あなたのニーズの変化にともない、やり方を変えるとか、自分の性格に合うように、
アプローチを多少修正してもよい。
コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、で相性がピッタリの相手と出会えば
夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

WordPress Themes