謎めいた小悪魔にオトコは弱いのか

DY004_L
策略や好意の小出しは、いいオンナに必要なし
世間では「小悪魔なオンナがモテる」ってことになっているらしいね。
オレが「小悪魔なオンナ」と聞いて連想するのは「オトコの心を釘づけにする魅惑的なイイ女」ってイメージ。
でも、世間一般が思う小悪魔なオンナの定義には、

●つねに謎めいた部分を残しておくオンナであること
●好意は小出しにする
●オトコにとって「不思議なオンナ」と思わせる

・・・みたいなことらしい。オレからすると、自分の気持ちや相手への好意を小出しにするオンナって、一体なんなんだ!?って感じだよ。
「謎めいた部分」っていうのは、それは自分が策略して仕掛けるものじゃなくて、あくまでも相手が感じとるもの。
たまに「私って不思議でしょ?」
とか、
「人からよく変な子だって言われるんですけれどォ」
なんて言うのがいるけど、そのたびに「えっ、どこが?」と思う。
相手のオトコからどう思われたいかを、上手にコントロールするのが「小悪魔」だとしたら、そんなオンナは正直、ぜんぜんモテないよ。
そういう風に、どこか「策略」や「作ってる感じ」のウソっぽさって、絶対にポロが出るからね。女の子にとって「小悪魔ぶる」ことは、得どころか不利益になるだけ。
オレの後輩がある女の子にデートを申し込んだ。そしたら、相手の女の子は「その日は、ちょっと訳ありで、ダメなんです」って、答えたとか。
そいつは、それでも引き下がらず「じゃあ、別の日は?」と、聞いたら「うーん、どうしようかなぁ?」って、手帳を見ながらいつまでもウダウダ返事をしなかった。
それで、そいつは「この子は、わざと自分の気を引くために、もったいぶってるだけだ」と、見抜いて、二度とその子を誘わなかったというわけ。
昔から「策に溺れる」って言うでしょ。あんまりいいことないよね。こんな浅はかな「小悪魔」に、まだキミはなりたいかい?
自分を作り過ぎずにで、素敵なパートナーを見つけよう。

WordPress Themes